起業したときに提出する書類

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

起業した当初は1日でも早くビジネスを軌道に乗せようと仕事そのものに意識が向かい、提出するべき書類があることを見落としがちです。提出が必要な最低限の書類を確認して安心して事業にエネルギーを傾けられるようにしましょう。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

会社と個人で書類が異なります

 起業の形態は会社と個人の2つの選択肢があります。

会社

会社設立には、会社として認められる組織を作りその内容を登記する必要があるため、設立時に一定の費用がかかります。会社の種類によって異なりますが株式会社だと約30万円、合同会社だと約10万円です。
会社の名前で取引ができることや売上が大きくなれば税率の関係で税務上有利になるなど、メリットもありますが上記の設立時の費用と法人住民税の均等割(会社の資本金と従業員数に応じて支払う税金。利益とは関係ないので赤字でも支払います。東京都の場合、最低でも70,000円は支払うことに)を必ず払うことになるのでコスト面でデメリットがあることを覚悟しなければなりません。会社での設立を考えていらっしゃる方はこの点に注意しましょう。

設立時に最低限提出するべき書類は、
・法人設立届出書
・青色申告の承認申請書
の2つです。いずれも法人の所在地を管轄する税務署に提出します。管轄の税務署は国税庁のHP「税務署を調べる」から調べられますので一度見てみて下さい。

法人設立届出書は次のような様式になっています。

Launching1

設立した会社の基本的な情報を税務署に伝えることが提出の目的です。税務署にとっては納税の可能性がある会社を把握できますし、会社は税務署から税金に関連する資料を受け取って正しく納税の義務を果たせるというメリットがあります。

青色申告の承認申請書は次のような様式になっています。

Launching2

青色申告すると、会社の所得について特別控除を受けられたり、赤字が出たときに将来の黒字から差し引いて所得を計算できたり、家族の給与全額を会社の経費にできたり、多くのメリットがあります。そのためには自ら申請をしなければなりません(申請がなければ上記のようなメリットのない白色申告になります)。
その申請のための資料がこの「青色申告の承認申請書」です。

個人

個人の場合は会社と違って設立費用がかかりませんし、法人住民税もなく赤字で税金を支払うことはありません。
起業段階でのコストは会社よりも小さくて済むのが魅力です。ただし、法人名で取引できないなどのデメリットはあります。

起業時に最低限提出するべき書類は、
・個人事業の開廃業等届出手続
・所得税の青色申告承認申請手続
の2つです。いずれも納税地(通常は自宅住所)を管轄する税務署に提出します。

個人事業の開廃業等届出手続は次のような様式になっています。

Launching2 1

会社の「法人設立届出書」と同様に個人事業の概要を税務署に知らせる書類です。

所得税の青色申告承認申請手続は次のような様式になっています。

Launching 2 2

会社の場合と同様に青色申告のメリットを受ける場合には自ら申請をする必要があるため、その申請のための書類を税務署に提出します。

期限を確認して期限内に提出しましょう

それぞれの書類については提出期限があります。期限を守れないと特に青色申告承認申請の方は、その事業年度に青色申告のメリットを受けられなくなる可能性があるので注意が必要です。

(会社)
・法人設立届出書:会社設立から2ヶ月以内
・青色申告の承認申請書:
設立の日以後3月を経過した日と当該事業年度終了の日とのうち
いずれか早い日の前日

(個人)
・個人事業の開廃業等届出手続:開業日から1か月以内
・所得税の青色申告承認申請手続:開業日から2ヶ月以内

ただし、「所得税の青色申告承認申請手続」については開業日が1月1日〜1月15日の場合、その年の3月15日までが提出期限になります。

法人設立届出書、個人事業の開廃業等届出手続はコピーも持参する

最後に「法人設立届出書」「個人事業の開廃業等届出手続」の提出について留意点を指摘しておきます。

設立時に金融機関へ借入を申し込むと「法人設立届出書」もしくは「個人事業の開廃業等届出手続」の提出を求められます。
これらの書類は税務署の受領印のあるものが必要なのですが、税務署は受領印を押印するとそのまま受け取ってしまいますので、受領印ありの書類をその場でコピーするということができません。
それでは提出できなくなりますので、書類を提出するときには原本とそのコピーを持参して、両方に受領印を押してもらい原本はそのまま提出、コピーを持ち帰って金融機関等に提出するようにします。

事前に用意しておかないと、原本を提出してそのままということになりかねませんので、注意が必要です。

まとめ

起業時に書類を提出することによって受けられるメリットがあります。
面倒ですが少しでも事業を営む上で有利になるように、必要なものはきちんと提出しておきましょう。
<おまけ>
地元のお祭りが始まりました。御神輿もたくさん出るみたいなので楽しみです。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする