仕事の途中に食べるもの、飲むもの

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1日中仕事をしていると、途中で気分を変えたくなります。食べる、飲む、と言うのも一つの気分転換の方法です。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

「体に良い悪い」は、キリがない

食べ物と体の関係に触れている情報はあふれるほどあります。


それだけ関心が高いということですが、昨日まで「体に良い」、と言われていたものが、今日には「死を近づける」と、正反対に扱われることもしばしば。


何度も繰り返される不毛な議論は、耳を傾けるだけムダです。


非常にありきたりですが、口に入れられるものは有害も無害もなく、「偏るのは良くない」くらいの認識で良いのではないでしょうか。


あとは気持ち良く、楽しく「食べる・飲む」ことを考えて、ストレスを溜めないようにすることが、体にとっては大事だと考えています。


ですので、基本的には、「その時、体が欲しているモノを食べる・飲む」という方針でいます。 
それは仕事中も変わりません。

仕事中、口に入れるのは「おいしい」「簡単」「静か」「無臭」がそろっているもの

仕事中とは言え、せっかく食べるのですから、必ずお気に入りのおいしいものを選びます。


また、仕事中はご飯を食べるわけにはいかないので、簡単に食べられるものを。


そして、オフィスで重要な条件として「音」と「臭い」があります。


食べる時の音がうるさかったり、強い臭いがあるものだと、迷惑になりますからね。 
この辺はしっかりと吟味して選ばなければいけません。


そんな条件を満たす、仕事中に食べるもの、飲むものです。

お茶

コーヒーの方が多いと思いますが、私はお茶派です。


子供の頃からの習慣なので、「どうして?」と言われると困りますが、「おいしいから」が一番の理由であるように思います。


ずっと緑茶を飲むことが多かったのですが、最近はほうじ茶が多いです。


値段が安いのと、香ばしい香りで、気分を落ち着ける効果があるのも大きいです。


コンビニなどで購入しています。

スクリーンショット 2015 02 17 13 58 07

(出典:サントリーHP)

チョコレート

チョコレートも多いです。 
一般的には「脳の疲れをとる」などの効果が謳われていますが、そんなことは関係なく、おいしいから選んでいます。


いろいろ試していますが、イチゴが好きなのと、食べやすいので、こちらを選ぶことが多いです。

スクリーンショット 2015 02 17 14 03 07
(出典:明治製菓HP)


このサイズだと、分量も多くないので仕事をしながら食べるのに丁度良いです。 
パッケージも小さいので、こっそり食べるのにも向いています。


こちらもコンビニでよく売られています。

SOYJOY

朝や夕方お腹が空いた時はこれです。


量も丁度いいですし、味のバリエーションもあるので、飽きずに食べることができます。


小さくてあっという間に食べ終わりますが、中に入っているドライフルーツがお腹を満たしてくれるので、意外に満足感は高いです。


軽く食べられる栄養補助食品としては、同じ大塚製薬のカロリーメイトも有名ですが、食べている途中にパラパラと落ちてしまうのでオフィスで食べるのには向きません。


また、ウイダー・インなどのゼリー状のものも良いのですが、この季節は冷やした状態だと、お腹の調子を崩す恐れがあるので、あまり選ばないようにしています。

「危ない食べ物」を選びそうになった時に注意を

他に、フリスクなどの清涼菓子がありますが、これは選ばないようにしています。


フリスクが悪いわけではなく、以前、体調を崩した時に、隣の席に座っていた同僚が、「体調崩す前、フリスクの量が増えて、辛さも増してたよ」ということを、後になって教えてくれたのです。


私にとって、フリスクに手を伸ばすようになったら、相当ストレスがたまっているサインです。


他にも、夏場に冷やし中華を選びそうになったら、体力が落ちているサイン、などがあります。


このように、「食べたくなるもの」で自分の体調をはかれることがあります。


普段は、「食べたいもの」をえらびつつ、自分にとって危険な兆候を示す食べ物を選びそうになった時は、”今”の調子を振り返るようにしています。

まとめ

仕事の合間に食べたり、飲んだりすることで、良い気分転換ができます。 
食べたくなったものと、体調の変化に気を知っておくと、事前に体調の変化に気づいて、悪化する前に手を打つことができます。
<おまけ>
今日はめちゃくちゃ寒いですね。 
午後からは雨も降ってきましたし、午前中に外出しておいて良かったです。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする