ファンランに出かけるなら、お店に入っても浮かない”カッコいいウェア”を選ぼう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

”楽しく走る”ことが最大の目的のファンラン。ウェアは機能性だけでなくカッコいいものを選びましょう。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

ランのウェアは機能性の高いものがほとんど

ラン用のウェアはどんどん進化しています。

通気性を高くして体温を上がりにくくしたり、汗をかいてもすぐに乾いてくれる速乾性を備えているのはあたりまえ。

そこからさらに吸汗性を高めたり、体の動きを計算してウェアによるストレスを軽減したりと、機能性はますます高まってきています。

そして、たくさんの機能を備えていながら値段がそこまで高くないのがうれしいところ。

シャツであれば2,000円前後、パンツであれば4,000円前後のものを選べば、機能的には十分なウェアを選ぶことができます。

ファンランでは、「ランに出かけるときの気分を高めてくれる」アイテムとして、ウェアは本当に大事。ですが、「気分を高める」以外の目的でも、どんなウェアを選ぶかは重要です。

スクリーンショット 2016 06 29 16 17 43
(出典:Amazon.jp 「ランニングウェア&シューズ」 ウェアにもたくさんの選択肢があります)

「電車に乗る」「お店で買い物」もファンランの一部

ファンランは、公式の大会に出たり、自己ベストを目指すことを目的にして、ストイックにトレーニングするスタイルではありません。

ランをできるだけ”楽に””楽しく”することによって、ランを身近なものにして、できるだけ長く続けることが目的です。

なので、「こうあるべき」という考えにこだわらず、様々な要素を取り入れることを提案しています。

たとえば、ランの途中でお店に立ち寄って買い物を楽しんだり、
予定していたコースの途中で疲れてきたら、電車やタクシーを使って帰る、と言ったことも、遠慮なくやりましょうという考えです。

こう言った、「ラン」と「日常の生活」を分けてしまわないというのも、ファンランの特徴と言えます。

実際、私もランのコースにスーパーやデパートを入れておいて、買い物をして帰るということもよくやっていますし、夏場のランでバテバテになったら、さっさと諦めて電車に乗って帰ったりすることも普通にあります。


IMG 0128  1
(気持ちの良い景色を見つけて写真を撮るのも、ファンランの楽しみの1つです)

躊躇なく電車やお店に入れる”カッコいいウェア”を選びましょう

ただ、「ランの帰りに買い物したりしてるよ」と言うと、
「ランのウェアでお店に入るのは恥ずかしい」という方も結構います。

やはり、日常生活とランを切り離してとらえている方にとっては、ランの格好のままでお店に入ることには違和感があるようです。

ですが、先述の通りウェアは大きく進歩しています。
”機能性”だけでなく”ファッション性”においてもです。

すでに、機能性を備えながら、普段着として着られるデザイン性の高いウェアはたくさん販売されていますので、躊躇なくお店に入れるウェアでお気に入りのものが必ず見つかります。

このように、ファンランにおいては、「自分の気持ちが高まる」だけでなく

「お店に入れる」

「電車に乗れる」

といった、ランの要素を広げる意味でカッコいいウェアで選ぶことがとても重要なのです。

これからファンランを始めようという方、
ストイックなランからファンランに移行しようという方、
ストイックなランもファンランも両方やってみたいと言う方、

全ての方に、ウェアを選ぶときは機能性ではなく(”機能性”についてはどれもクリアしているので)

カッコいいお気に入りのウェアを選ぶこと

をオススメします。

まとめ

ファンランを始めたい、やってみたいと言う方はカッコいいウェアを選びましょう。
ファンランは柔軟なスタイルで楽しむのが良いところです。
「どんなところにでも行ける」というウェアを選んでおくと、ランの途中で気になる場所に行ったり、買い物のためにお店に入ったりすることが気軽にできます。

おまけ

ウェアは普通の服と同じでシーズンが終わるとあっという間になくなってしまいます。
お気に入りのウェアがあれば、色違いなどで2着くらい持っておくのがオススメです。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする