2016年4月度ラジオ聴取率調査が始まります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

首都圏のラジオ局では2ヶ月に1度、偶数月に聴取率調査が行われます。
2016年4月は明日からの1週間が調査対象の週です。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

局別では、TBSラジオ、ニッポン放送の聴取率に注目

2016年2月度の聴取率調査の結果は次の通りでした。

スクリーンショット 2016 04 16 19 02 52

スクリーンショット 2016 04 16 19 02 59
(出典:TBSラジオ 公式HP)

TBSラジオは前回も首位を獲得して、14年8ヶ月連続での首位を記録。

しかも、2015年8月調査以降、一貫して数字を伸ばしていて、
前回調査の1.3%は、2014年6月以来の高い聴取率になりました。

また、ニッポン放送が一気に0.2%数字を伸ばして、単独2位に躍り出たのも、
前回調査の大きなニュースでした。

ニッポン放送の単独2位は2014年6月以来のこと。
2014年8月以降は、0.6%で同率4位が定位置だったニッポン放送が
突如目覚めたのは、大きな驚きでした。

前回調査からの流れを見ると、今回の調査で注目すべきは、

TBSラジオがさらに数字を伸ばすことはできるのか

ニッポン放送の0.9%の数字は本物か

この2点です。

前回の聴取率一覧を見ていただければ分かるように、TBSラジオと2位以下の局の間には
かなりの差があるので、TBSラジオの1位は今回も安泰。

そこで、注目すべきは「前回の聴取率1.3%をさらに伸ばすことができるか」になります。

この1.3%の聴取率は、2014年以降の聴取率で最も高い数字。
ラジオ業界全体を底上げするためにも、TBSラジオには今の勢いを借りて、
是非ともクリアしてもらいたいところです。

一方で、ニッポン放送の0.9%はここ2年で最も高い数字。
ニッポン放送の聴取率の推移を見てみると、突発的に記録された数字のように感じますので、
この数字が一時的なものなのか、実力が反映された結果なのか、まだよくわかりません。

スクリーンショット 2016 04 16 20 40 35

来週以降の調査でその見極めができますので、ニッポン放送の聴取率にも注目です。

番組別聴取率ではTBSラジオの新番組に注目

4月はラジオ局の番組改編がある月。
番組別聴取率については、新番組に注目が集まります。

特に、TBSラジオの「大沢悠里のゆうゆうワイド」終了後にスタートした
伊集院光とらじおと」と


スクリーンショット 2016 04 16 21 16 26
(出典:TBSラジオ 公式HP)

ジェーン・スー生活は踊る」の

スクリーンショット 2016 04 16 21 16 48
(出典:TBSラジオ 公式HP)

2番組の聴取率が最大の注目ポイント。

と言うのも、前回の番組別聴取率の一覧をみていただくと、

スクリーンショット 2016 04 16 20 54 36

前番組にあたる「大沢悠里のゆうゆうワイド」は首都圏ラジオ局全番組の中で1位
その後を受けて始まる新番組ですから、その変化には注目せざるを得ません。

人気、実績、経験、トークスキル、等を考慮すると、
伊集院光さんとジェーン・スーさんは、大沢悠里さんの後を務めるパーソナリティとして、
考えられる範囲ではベストの人選と言えますが、

番組スタートが、聴取率調査の1週間前で、番組がリスナーに浸透するには、
時間が少なすぎます。

また、悠里さんの退任で、多くのリスナーがTBSラジオから離れるのは確実で、
それは、ラジオから悠里さんの声が聞こえなくなった瞬間に起こりますが、

反対に「伊集院さん、ジェーン・スーさんだからこそ聞く」と言うリスナーが
番組の存在を知って聞き始めるまでには、しばらく時間がかかります。

つまり、「番組の浸透」と「リスナーの入れ替わり」にかかる時間を考慮すると、
両番組の苦戦が予想され、
そのような逆境を中で、聴取率トップ10に入ってこれるかどうか、気になるところです。

また、「伊集院光とラジオと」「ジェーン・スー生活は踊る」と同時間帯で放送されていて、
聴取率トップ10の常連でもある、ニッポン放送の「あなたとハッピー」にも注目です。

スクリーンショット 2016 04 16 21 30 39
(出典:ニッポン放送 公式HP)

「あなたとハッピー」は「大沢悠里のゆうゆうワイド」を相手に、
聴取率で一歩も引かなかった、人気の高い番組です。

前回調査でも堂々8位につけていて、新番組のスタートで隙のある
TBSラジオを追撃するには絶好の機会と言えます。

「ゆうゆうワイド」から流れてくるリスナーも相当数いると予想されますから、
今回の調査では躍進が期待されます。

新番組関係で言うと、もう一つ気になるのが、ニッポン放送の
「星野源のオールナイトニッポン」。


スクリーンショット 2016 04 16 21 14 30
(出典:ニッポン放送 公式HP)

月曜深夜1時と言えば、TBSラジオの「伊集院光 深夜の馬鹿力」が圧倒的な強さを
誇っていますから、「深夜の馬鹿力」にどの程度迫れるかに注目です。

HPから伝わる聴取率への各局の意気込み

聴取率調査週間の1、2週間前から、各ラジオ局はHPでその告知を行っています。
そのページを見ていると、各局がどの程度聴取率調査に力が入っているかが分かって、
なかなか面白いです。

今回の調査で「最も力が入っている」と感じるのは、ニッポン放送

まず、聴取率調査の週の各日の番組についてページを作成しています。
これだけでも相当な予算と労力が必要ですが、特徴的なのは聴取率調査に合わせて、
各番組で動画を作成していること。

スクリーンショット 2016 04 16 21 41 36
(出典:ニッポン放送 公式HP)


ラジオは音のメディアですから、どうせアピールするならパーソナリティの声を
聞いてもらうのが一番です。
それには、動画を使うのも良いアイディアの1つ。

また、最近感じることの1つに、パーソナリティが話す姿を見せることによって、
リスナーの親近感が高まる
ことがあります。

ラジオでも、Ustreamなどの動画配信を併用する番組が徐々に増えてきているのですが、
リスナーに与える影響は抜群で、声だけの場合よりも番組の雰囲気がストレートに伝わり、
パーソナリティをより身近な存在として、感じることができるのです。
(私は動画配信がある番組については、動画も一緒に見るようにしています)

HP上で動画を通じてパーソナリティの姿を見せるのは、リスナーとの距離を
縮める役割を果たしますから、このような取り組みは必ず評価を高めるでしょう。

先述の通りこのような取り組みには、予算と人員に余裕がないとできませんが、
これまでよりもHPの作成に力を入れているのは間違いありません。

ニッポン放送はかなり本気です。

ニッポン放送には及びませんが、聴取率1位のTBSラジオのHPも充実しています。

ニッポン放送と同様に、聴取率調査週の各日についてページを作成していますし、
番組を分類して、おすすめ番組を提案するといった、
今まで聞いたことのない番組へリスナーを誘導するような工夫も見られます。


スクリーンショット 2016 04 16 22 01 48
(出典:TBSラジオ 公式HP)

ただ情報を羅列するだけだった、今までのページ作りとは違って、
かなり充実した内容になっていることが分かります。

その一方で「これはどうなの?」と感じるのが文化放送。

聴取率調査のページを独立して作っているのは他局と同じですが、
内容が以前の聴取率調査の時で作られたものとほとんど変わらず。

「テンプレのまんまじゃんか!!」と突っ込みを入れたくなるほどの、
既視感満載のページになっています。

正確に言うと、これはHPがどうこうというより、「番組の企画がいつも変わらない」
ということで、全く新鮮さがない。

もっと言うと、「局全体が停滞している」という印象です。

決して好調とは言えない聴取率が続いている中で、4月改編でもほとんど変化がない、
というのが最も大きな問題点だと思います。

文化放送は、他局と比べると規模が小さく予算も潤沢ではないので、
同列で比較するのは間違いですが、それでも、もう少し変化を求める姿勢は必要でしょう。

今後に期待です。

まとめ

明日から2016年4月度の首都圏聴取率調査が始まります。
朝の帯番組を入れ替えてきたTBSラジオ、ついに本気を出し始めたニッポン放送の
動向に注目です。

おまけ

「近日出荷」を通して熊本の皆さんとも、たくさんのつながりがを持たせてもらっています。
1日も早く元気なお姿を取り戻されますように、強く強く願っています。
非力ではありますが、少しでもお力添えができるように力を尽くします。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする