実務で使えるExcel入門セミナー 「タッチタイピング」「ショートカット」「関数」。Excelを効率よく動かすスキルには、練習の時間と少しのガマンを

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Excelを効率よく動かすには、複数のスキルを身につける必要があります。スキルは知っているだけでは、あまり意味はなくて、スムーズに使いこなせるようになってこそ、役に立ちます。ただ、「知っている」から、「使いこなす」レベルに引き上げるのは、簡単なことではありません。「やってるうちにどうにかなる」と考えていると、結局、最初に覚えたやり方のままで、時間だけが過ぎることになってしまいます。

IMG 4324

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

実はなかなか難しい、「仕事をしながら覚える」

「仕事のスキルは、仕事の中で覚えるのが早い」という考え方があります。 
これは、真剣勝負の本番でスキルを使うことが、スキルを磨くのに最も適している、ということです。


確かに、「仕事の中で学んでいく」というのは、「仕事の成果」と「自身の成長」の両方実現する、ムダのない方法で、良さそうに思えます。


ですが、なかなか思い通りにはなりません。

仕事の場は、新しいスキルを試すのには向かない

当然のことですが、仕事の現場では、「速さ」が求められますし、失敗も許されません。


一方で、新しいスキルは、やりなれない方法を試すことになりますから、失敗がつきものですし、当然、時間もかかります。


「速さ」と失敗が許容されない場で、失敗の可能性が高く、時間がかかる方法をとるのは、かなり難しいことです。


結局、仕事の現場では、すでに自分が身につけている「やり慣れた方法」で仕事をすることになり、あまり効率の良くない方法を、ずっと使い続けることになってしまうことも。


仕事の現場は、新しいスキルを試す場として、向いているとは言いがたいのです。

仕事では反復練習が難しい

仮に、スキルを身につけることを優先し、時間がかかることを覚悟して、仕事の現場で新しいスキルを試すとします。


それでうまく行くかというと、そうでもありません。


スキルを身につけるには、反復練習が不可欠です。


ですが、仕事の現場で同じような状況が、短期間に連続して起こることはそうそうありません。


新しいスキルを試してみたものの、同じ事をするのは1週間後、下手をすると、1月後ということもあるでしょう。


そのように、間隔が空いてしまっては、いつも初めて試すのと同じになってしまいますので、反復練習の効果を期待しづらくなります。


反復練習の機会が、多く望めない仕事の現場では、新しいスキルの習得は難しくなります。

正しい方法を教えてもらえるわけではない

仕事の現場でスキルを教えてもらうこともあると思います。


ですが、仕事のスキルは、その人が独自に身につけた方法であることが多く、必ずしも効率的な方法であるとは限りません。


仮に、そのスキルを仕事の場でためす機会がたくさんあったとしても、習ったスキルが、正しいものでなければ、あまり意味はありません。


Excelについては、人によって、クセも違いますから、教えてもらったスキルがそれほでもなかったということが、よく起こります。


もちろん、世の中には優秀な方がいて、新しいスキルも1度現場で試せばスイスイ身につけてしまう方もいます。 
そのような方は、現場でスキルを身につけていくのがベスト。


ですが、私も含めて、普通の人には、ここまで見てきたように「仕事のスキルを、仕事の中で覚える」というのは難しいことですので、仕事とは別に、トレーニングをする必要があります。

Excelスキル習得には「練習の時間」と「少しのガマン」を

Excelスキルを効率よく動かすためのスキルを身につけるにも、先述の通り、仕事場以外でのトレーニングが必要です。


トレーニングに際しては、「練習の時間」と「ガマン」がポイントになると考えています。


Excelスキルを身につけるために、まず最初に必要なのは、Excelを効率よく動かすための”正しい方法”を習うこと。


これは、セミナーを受けたり、動画を見たり、書籍で学んだり、どのような方法でも構いません。


プロから効率よく学ぶのが一番です。


ここまでは、教える側の問題ですので、ご自身に合う良い先生を選べばOKです。


大事なのは、教わった後のトレーニングです。 
ここで、「身につく」ところまで引き上げられるかが決まります。

「スキルを身につけるには、時間がかかる」と覚悟する

まずは、焦らずに取り組むようにしましょう。


スキルが身についたと言えるのは、意識しなくてもスキルを発揮できる状態になった時です。


最初は、意識して新しいスキルを使えるようにしますが、それには、先にも触れたとおり、反復練習が不可欠です。


同じ事を繰り返し繰り返しやるのですから、個人差はありますが、相応の時間がかかります。


反復練習によって、スキルが使えるようになったら、それで終わりではありません。 
今度は、無意識の中でも使えるようにトレーニングします。


同じスキルの反復練習ではなく、他のスキルを使うトレーニングの中で、自然にスキルを発揮できるようにするのです。


言ってみれば、意識して使っていた反復練習を終えて、1度その感覚を意識の外に追いやって、他のスキルの練習で自然に引き出すようにします。


「1度意識の外に追いやる」というのは、言い換えると一時的に「忘れる」ということでもあります。 
そのためには、一定の間隔を空ける必要があるので、ここでも時間がかかるのです。


このように、スキルを身につけるまでにはどうしても時間がかかります。 
ですが、最初からそのことを覚悟していれば、焦らずに、「スキル習得までの過程」と割り切って取り組むことができます。

それまでのスキルを使わない”ガマン”を

もうひとつは、”ガマン”することも大事です。


以前のやり方から、新しいやり方に切り替える時には、頑張って新しいやり方を使わなければいけません。


どうしても慣れたやり方の方を使いたくなるのが人情ですから、それを自制するのは結構大変です。


ですが、前のやり方を使う機会が増えれば増えるほど、そちらの方法に対する慣れが強くなりますので、新しい方法を使うためのハードルが自然に上がることになります。


ですので、新しいスキルを身につける段階では、それまでの方法を使わないための”ガマン”も重要な要素と考えて、トレーニングに取り組むようにしましょう。

まとめ

Excelスキルを身につけるには、仕事の現場ではなかなか難しいです。

正しい方法を教えてもらった後は、ご自身でトレーニングすることになりますが、「時間がかかることを覚悟する」ことと、「それまでの方法を使わないための”ガマン”が重要である」ことを意識すると上手くいきます。

おまけ

レブロン、頑張れ。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする