ハーゲンダッツの秋の新作『ハニーチーズタルト』&『マロングラッセ』があったので食べてみたよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「生活に何かが足りない」と感じていたのですが、最近アイスを食べていないことに気づきました。ということで、ハーゲンダッツから秋の新作が出ていたので、食べてみたよ。(って、本文までのフリが雑だな、おい)

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

ハーゲンダッツ秋の新作は、今のところ4つ

ハーゲンダッツでは、ほぼ毎月”新作”もしくは”期間限定品”が発売されています。


今年の秋は、現時点で発表済みのものだけで4つ。

マロングラッセ ハニーチーズタルト パンプキン ラムレーズン
種類 クリスピーサンド ミニカップ ミニカップ ミニカップ
発売日 8月25日 9月15日 9月15日 10月6日
備考 新作 新作 期間限定 期間限定


(※「期間限定」は、過去にも販売されたものが、期間限定で再度販売される場合を意味しています)


ここから、例年のパターンで行くと、和の素材を使った『ジャポネ』シリーズ、

スクリーンショット 2015 09 15 15 04 26


(昨年販売された『ジャポネ<苺アズキ>』(出典:ハーゲンダッツ オフィシャルHP))

『チョコレートブラウニー』のようなチョコレート系、

スクリーンショット 2015 09 15 15 07 55


(ミニカップではなくクリスピーサンドで販売される可能性も)


さらに、冬にかけて『オペラ』のようなスペシャルエディション

スクリーンショット 2015 09 15 15 04 03


(『オペラ』と『アントワネット』の2つが販売されるのが恒例)


などの販売が予想されますが、今回は既に販売がスタートした秋の2品を試食することにしました。


え?「販売してるのは3つあるだろ」って言いました? 
確かにそうなのですが、『パンプキン』は5年連続で販売されている定番商品。 
そのため、味やパッケージをほとんど変えることなく販売されるんですよ。


なので、1回やれば十分かなと。
昨年、軽くレビューしていて内容が被ってしまうので、今回は見送ることにしました(だから、手抜きじゃないんだってば)。


その時の記事がコチラです。


1年経っていますが、内容はあまり変わらないと思いますので、参考にしてみて下さい。


ということで、秋の新作2品、行ってみましょう!

ハニーチーズタルト 9月15日発売

まずは今日発売された『ハニーチーズタルト』です。

IMG 5054


(ハチミツのかかったチーズタルトの絵がズルい!)


フタを開けてみると、

IMG 5060


きれいなクリーム色ですね。とてもスッキリとした見た目ですが、表面をよく見てみると、

IMG 5065


なにやら茶色のつぶつぶが見えていますね。 
どんな仕掛けでしょうか、期待が高まります。


早速食べてみましょう!

IMG 5068


(いただきます!)


やっぱり、チーズや濃いミルクなどをベースにした、コクのあるアイスは、ハーゲンダッツのキラーコンテンツですね(錯乱して言葉づかいがおかしくなってますが、「一番得意な分野」というのを伝えたいらしいです)。


とにかくアイスがおいしい!


しっかりと香るタマゴの風味と、ハチミツの優しい甘さクリームチーズカマンベールチーズを混ぜ込んだコクのあるアイス。 


この3つが見事に重なって、しっかりとした旨みのある、上質な味わいのアイスに仕上がっています。


また、こう言った濃厚なアイスは固まりづらいので、アイスの中にスプーンを入れるとき、スムーズに入って行くので食べやすいんですよね。


この「食べやすさ」も大事なポイントです。


どんどん食べ進めて行くと、


IMG 5070


先ほどの茶色のつぶつぶが、はっきりと確認できました。


これは、グラハムクッキー。 
チーズケーキの台としてよく使われるものなので、おそらく、チーズケーキとの相性の良さから着想を得て、『ハニーチーズタルト』でも採用したのでしょう。


これも、小さなアクセントになっていて、飽きずに食べ進められるので、嬉しいです。


ということで、『ハニーチーズタルト』は「アイスがダメ」という人以外には自信を持ってオススメできる質の高いアイスでした。

マロングラッセ 8月25日発売

いきなりの高評価が出てしまいましたが、『マロングラッセ』はどうでしょうか。

IMG 5058


箱から出してみましょう。

IMG 5071


ゴールドの袋に入っています。 
「切り口は裏面にあります」と指示があるので、裏返してみると、


IMG 5072


ありました。ここから開けると、きれいに取り出せるみたいです。 
指示に従って、開けてみます。

IMG 5073


取り出しました。

IMG 5074


「ドーン」とハーゲンダッツのロゴが入っています。 
裏返してみると…、裏も同じだったので裏側は省略。


「大きさ、どれくらいかなー」と気になったので、測定してみました。

IMG 5077


10cm弱、9.5cmくらいですね。 
棒アイスのアイス部分とほぼ同じくらいの大きさかな。


次は、断面を。

IMG 5081


やや茶色ががかったアイスを、ウエハスで挟み込んでいます。 
小さなつぶですが、栗らしきものも見えますね。


溶けかかってきたので、このまま食べちゃいます。


これもハーゲンダッツらしい濃厚なアイスの美味しさです。


ウエハスの軽さと、アイスの旨みの相性が抜群です。 
アイス単体で食べると重く感じそうな”濃厚な旨み”を、ウエハスの軽さサクサクした食感と組み合わせることで、気持ち良く食べきることができます。


トーストに濃いバターを塗って食べたときのような、満足感を得ることができました。


どのクリスピーサンドでも言えることですが、ウエハスとアイスのバランスの良さは、間違いがないですね。 
味のバランスと組み合わせをよく考えて作られていると思います。


が、この先があります。


美味しさは間違いありませんが、じゃあ、商品名の『マロングラッセ』はどこに行ったのかという問題が残ります。


アイスは、溶ける前に食べなければいけませんから、じっくり味わうというのも結構難しく、それなりのスピードで食べることになります。


クリスピーサンドは、溶け始めるとサンドしたウエハスの両端から、アイスがはみ出てしまうので、余計に早く食べなければ行けません。


とすると、マロングラッセの味を伝えるには、それなりにハッキリとした強い味を打ち出さなければいけないはずですが、実際には、ほとんど栗の味がしません


あの小さなつぶだけで「マロングラッセ」を表現しきることは難しかったようです。


ということで、クリスピーサンド『マロングラッセ』は、


おいしいクリスピーサンドであることは間違いないが、マロングラッセの味はほとんどしない


という結論になりました。

まとめ

ハーゲンダッツの秋の新作は、『ハニーチーズタルト』『マロングラッセ』ともに、自信を持ってオススメできるおいしさでした。 
ただし、『マロングラッセ』は栗の味があまりしないので、その点はマイナス!(もったいないなぁ)。

マロングラッセ ハニーチーズタルト
種類 クリスピーサンド ミニカップ
発売日 8月25日 9月15日
価格 ¥294(税込) ¥294(税込)
内容量 60ml 110ml
格付け a aa
コメント 品名が違っていればAaなんだけどなぁ ハーゲンダッツのキラーコンテンツ!
製造者 ハーゲンダッツジャパン ハーゲンダッツジャパン
備考 新作 新作

おまけ

次回は、『雪見だいふく とろける至福 生キャラメル』編でお会いしましょう。 
その時までには、本文までの”フリ”を何とかしておきます(固い決意)。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする