テレビでもラジオでもない放送「i-dio」を使ってみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年3月1日からスタートした新しい放送サービス「i-dio」。
早速使ってみましたが、とても残念なことになっているのでございます(トホホ…)

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

と言うか、「idi-o」って何?

「i-dio」、見たことも聞いたこともない方がほとんどだと思います。

極々簡単に説明すると、「i-dio」は新しい放送サービスで、音声、映像、データ放送
(文字情報などのことと思われます)などを提供するサービスです。

具体的には、ラジオのように音楽を流したり、テレビのようにアニメ番組を流したり、
ネットのように文章を表示したりと、様々な情報を提供しています。
(フワッとした説明で申し訳ありません。始まって間もないので放送されている番組自体も少ないんです。)

では、「i-dio」の放送はどうすれば受信できるかというと2つ方法があります。

1つは、アプリを使う方法と、
もう1つは、「i-dio Phone」と言う専用のスマホを使う方法です。

ただ、新しいサービスのためにわざわざスマホを買う方も少ないでしょうから、

スクリーンショット 2016 03 03 11 01 58

(出典:YAHOO!ショッピング「i-dio Phone」購入ページ お値段32,184円なり。う〜ん、高い!)

現実的には、アプリを使って受信することになります。

ただし、アプリをダウンロードするだけでは受信することができません。
i-dio受信用のWI-FIチューナーが必要なのです。
(何か面倒くさいことになってきましたよ)

アプリを使ったi-dioの受信方法

i-dioをアプリを使って受信するためには、アプリ

IMG 6983

(Androidの方はGoogle Play、iPhoneの方はAppstoreからダウンロードできます。”i-dio”で検索してみて下さい)

専用のWI-FIチューナーが必要です。


IMG 7007

「WI-FIチューナー? え、お金かかるの?」と思われたかもしれませんが、
現在はモニターを募集していて、


スクリーンショット 2016 03 03 11 18 23
(出典:i-dio HP)

i-dioのサイトから申し込めば、無料で手に入れることができます。
私も無料モニターに応募して手に入れています。

アプリをダウンロードしてWI-FIが手に入ったら、さっそく使ってみましょう。
まずは、アプリの設定からです。

アプリの設定

アプリをインストールすると、初期設定画面になるので順番に必要事項を入力。

IMG 6986


次に、利用規約を承諾して、画面下部の「設定を登録して利用を開始」をタップ。

IMG 6987

すると、

IMG 6988
(手順間違えた(恥))


エラーメッセージが出るので、WI-FIと接続します。

WI-FIとの接続

まず、WI-FIチューナーの電源を入れましょう。
正面にある電源ボタンを3秒以上長押しします。

IMG 6990


すると、電源が入り緑の光が点滅して、

IMG 6992

チューナー側の準備は完了。
次に、スマホの設定でWI-FIの画面を開いて、
V-Low」で始まるネットワークをタップ。

IMG 6994


パスワード入力が求められるので、「76543210」と入力。

スクリーンショット 2016 03 03 11 55 37
(出典:idi-o HP )


すると、

IMG 6996
(スキャンがはじまり…)

IMG 6997


i-dioが受信できました。
画面で表示されているチャンネルをタップすれば、放送中の番組が楽しめるわけですが、
う〜ん、これは課題山積ですよ。

現在のi-dioに実用性ナシ

実際に使った方の声をネットで調べてみると、
「うまく受信できない」という意見が多く見られましたが、
幸い私の受信環境では問題ありませんでした(東京都台東区調べ)

が、それ以外の部分で「これじゃ全然使えないよ!」という点が出てきました。
今のままでは、どんなに面白い番組を放送したところで、それを見る人はいないでしょう。
(残念じゃ)

WI-FI接続が面倒

「アプリを使ったi-dioの受信方法」で出てきましたが、
i-dioを受信するたびに、専用WI-FIチューナーへネットワークを切り替える
のが面倒
です。

普段スマホを使っているときに、WI-FIのネットワークをわざわざ切り替える
ことってないですよね。

1度、ネットワークを使ったら、あとはスマホの方で自動で切り替えてくれますから、
それに慣れてしまったユーザーからすると、
「受信のたびに設定アプリを開いていちいち切り替える」
という使い方には、とてもなじめません。

チャンネルの切り替えが遅い

i-dioにはチャンネルが6つ用意されていて、
アプリ上で切り替えるのですが、これが異常に遅い!

ずーーーっとこんな画面を見させられることになります。

IMG 7001
(な、何? 罰ゲームなの??)


イライラしたので時間も計ってみましたが、1分40秒もかかるんですよ!(2016年3月2日22時25分調べ)

TV見ていてリモコンでチャンネル変えたときに、1分40秒待てます?

「相棒」の謎解きだって相当進んじゃいますよ。
他のチャンネルから戻ってきて、鈴木杏樹出てきたらガッカリじゃないですか。
(謎解きが見えなかったと言う意味ですよ。杏樹さんにガッカリじゃないですからね(汗))

これだけ遅いと、「i-dio、もういい」になってしまいます。

i-dio受信中はネットが使えない

i-dioを使っている時に、ネットで調べ物をしようと思ってGoogleを開くと、

IMG 7005

「i-dioつまらないからradikoでラジオ聞こう」と思って、アプリを立ち上げると、

IMG 7003


「ぐぬぬ…」

そう、i-dioにつないでいる間はネット接続できないんです。
これ、致命傷ですよ。

スマホ使ってるのに、ネット接続が絶たれて「特定のチャンネルだけ見てろ」って。
もう拷問じゃないですか!!

i-dioから聞こえてきた
「じぇいぼーい 吹ッきとば〜せ その”むなしさ”ってー やつを〜」が
自分を励ましてくれてるような気もしましたが、そっとWI-FIチューナーを
OFFにして、引き出し(の奥の方)に戻したのは、言うまでもありません。

サンキュー、ハマショー。でも、おれはもう疲れちまったよ(泣)。

まとめ

新しく始まった放送サービスi-dioは、
WI-FI接続の手間、チャンネル切替の遅さ、ネット接続できない、
の3点で、今のところ私にとっては実用性がありませんでした。
ただし、課題が解消された時点でもう1度試してみたいです。
新しいサービスには課題がつきものですし、良いサービスが増える方が
絶対に楽しいですしね。

おまけ

昨日は親しくさせて頂いている方から、おめでたい報告を受けました。
嬉しい気分になりますね。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする