夏休み明けに「会社へ行きたくない」と感じたら、自分の気持ちを正しく読み取る努力をしよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長い休みの後は、会社に行くのがつらいですよね。本格的に会社に行く気力が無くなってきたら、自分なりにその原因を把握するようにしておきましょう。習慣のままに会社に行っていると手遅れになりますよ。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

会社に行けなくなった原因は、電車の”臭い”と”人混み”

自慢じゃないですが、何を隠そう私も会社へ行けなくなった男の1人です。(元職場の関係者のみなさん。あの時はご迷惑をおかけしました。ゴメンナサイ)

なぜ会社に行けなくなったかというと、「電車に乗るのがイヤになったから」。

真面目に「電車がイヤで…」と話すんですけど、一様に「そんなはずはない」と思われるようで、さらにいろいろ聞いてくるんですよ。仕方ないので、適当に答えたわけですけど、直接にはこれが本当のところなんですよね。分かってもらうのに苦労しました。

で、電車の何がダメだったかというと、あの臭いと人混み

根性で毎朝あの環境の中に飛び込んでいたのですが、週明けの朝、身体がだるい状態で目が覚めたときに、「これからも毎日あれに耐えられるのか?」という疑問がよぎった所から、身体が動かなってしまいました。

そこから何度も気持ちを立て直して、会社に行こうとしてたんですが、数日休んでしまうと、もう後戻りすることはできなくなりますね。

1度気持ちが切れてしまうと、そこから立ち直ることはなかなか難しいです。
何でも全力でやってしまう人は特に、そのような傾向があるので気をつけましょう。

Railway 1532375 640

「会社へ行きたくない」気持ちが、どれくらい大きいかを知る

私のように、突然会社に行けなくなるのは、最悪です。
せっかくのキャリアが中断することになりますし、復活までに多くの時間がかかって、貴重な人生の時間をムダにすることになります。

なので、そのような事態は絶対に避けなければ行けません。

今振り返って、「あの時こうしておけば」と思うのは、

早く自分の精神状態を正確につかんでおくべきだった

ということ。

「朝の満員電車に乗るのがイヤ」というのも、実際には身体が動かなくなってはじめて、そのイヤな気持ちがどれくらい大きいかが分かったんですよ。

逆に言うと、それまでは「イヤな気持ちはあるけど、みんなやってることだし、大したことではない」と考えていたということですよね。

ただ、そうやって放置したことで、ストレスがどんどん積み重なり、自分で処理できる限界を超え、会社へ行けなくなり、休養を余儀なくされるという、深刻な結果を招いてしまった訳です。

自分の精神状態を正確につかむのは難しいですが、精神状態は必ず身体にも表れるので、

週末に休んでも、だんだん疲れが取れなくなっている

週明けにだんだん身体が重くなってきている

重い気分の状態が続いている

というように、休養しても疲れがなかなかとれなくて、
そのせいで、気分が重くなっているという状態が続いたときは、
何らかの原因で、精神的なストレスが強くかかっていると判断できます。

もし「これはかなり来てるぞ」と思ったら、その理由を考えて、状況を改善するために手を打つようにしましょう。

「人間関係」「仕事が合わない」「評価されない」「労働環境が悪い」など理由は色々あると思いますが、その原因を知ってそれを改善するための手を打つだけで、ストレスは大きく改善します。

たとえば、部署異動の希望を出したり、転職の道を探るなど、今いる場所以外に居場所を見出す努力をしていれば、「今はダメでも将来的には別の可能性がある」という気持ちのよりどころができて、今の職場でのストレスは大きく軽減されていきます。

一番良くないのは、今の職場で頑張るしかないと視野が狭くなること
「何もしないで耐える」のはラクですが、将来の希望を見出すことができないので、ストレスは増すだけです。

ただし、ストレスが増していくと、他のことを考えられなくなり、ますます追い詰められていくので、早めに手を打つことが大事。

自分の人生を守るためにも、自分の精神状態に目を向けて、しっかり対処するようにしましょう。

夏休み明けに、気分が重くなった人は、
自分の精神状態に目を向けてみる

夏休みのような長期の休みの後、「会社に行きたくない」と感じる人は、自分の精神状態に目を向けてみて下さい。

心と体がリラックスした状態なのに、「会社に行きたくない」と感じているとすると、大きなストレスを抱えている可能性があります。

もちろん、小学生や中学生の頃のように、休みの習慣が身についてしまって、そこから抜けだすのがイヤだといか、働くこと自体がイヤ、というのとは別ですよ。

今の職場に行くことを考えることで、重い気持ちになるような、そんな場合です。

気合いで乗り切る、ストレスにめをつぶる、のも最初はいいかもしれませんが、気づいたときには手遅れと言うこともありますので、できるだけ早く、自分の気持ちをつかむようにしておきましょう。

そして、常に、次の居場所を探すために動いておくこと。
実行するかどうかは別にして、それをしておくことで、精神的な余裕が生まれて、今の仕事にも良い影響を与えます。

まとめ

夏休み明けで気分が重くなっている人は、自分の精神状態に目を向けてみてください。深刻なストレスを抱えているようなら、早めに手を打って、次の展開の可能性を広げるように動き出しましょう。それだけで、状況は好転するはずです。

おまけ

イングランドのプレミアリーグがいよいよスタート。
と言っても今年はスカパー!オンデマンドでの配信がライブのみなので、ゲームをフルで見ることはありません。
ペップ、クロップ、コンテ、ベンゲル、ポチェッティーノ、モウリーニョ、と魅力的な監督が揃っているので、見たいんですけどね。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする