ファンランのために、走り始めの15分でやっていること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気持ち良く走るには、しっかりとした準備が必要です。走り始めてから15分程度は、その日のランを快適にするための準備の時間とも言えます。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

ゆっくりしたペースでスタート その間にいくつかの準備もしておきます

ランのスタートは軽いジョグからです。
(ストレッチや準備体操などは、屋内で済ませていると考えて下さい)


ペースを上げる前の短い時間に、いくつかの準備をします。

コンディションの確認

その日の調子を確認します。


ゆっくりしたペースで走りながら、前身に意識を向けます。


痛みがないか、胃やお腹の調子、腕の振り、体温の上がり具合、など、を確かめつつ、その日、どのくらいのペースで走るかを判断していきます。


この後、どの程度ペースを上げるかを見積もるためにも、コンディションの確認は必ず行います。

コースの決定

その日の調子が掴めたら、コースを決めます。


最初から決めておく方が多いと思いますが、私は、その日の調子によって距離を変えたいので、走り始めてから決めています。


ネット上の地図で距離を計測した、5つくらいのコースを準備していて、その中から、その日の調子と、飽きていないか、などを考えて決めています。


たまに、コースを決めずに走ることもありますが、その時は上手くいかないことが多いです。

温度調整

天気予報で一応の情報は得ていますが、日差しや風などの影響で、どれくらい暑さを感じるかは、実際に走ってみなければ分かりません。


真冬にはしっかり防寒しますが、日によっては、それが暑く感じる時もあります。


そこで、その日の暑さに応じてウェアを調整します。


もちろん、中に着込んでいるものはどうしようもないので、アームカバー、ネックウォーマー、手袋の着脱などで調整します。

IMG 3040
(アームカバーとネックウォーマー。冬の必需品ですが、暑すぎる時は外して対応します)

選曲

集中力を切らさないために、音楽を聴いて走ります。


その日の気分にあった曲を聴きたいので、プレイリストを選ぶのは、コンディションを確認するウォームアップの時です。


もちろん、安全が第一ですから、周りの音が遮られないように、ボリュームは小さく、また、スマホを操作する時には、道ばたに止まってからです。


準備ができたら、いよいよペースを上げていきますが、あまり焦らないことが大事です。

最初の15分くらいはウォームアップのつもりでじっくりと

コンディションが良いと感じる日は、ついつい早めにペースを上げてしまいます。


その日は、気持ち良く最後まで走ることができると思いますが、問題は翌日以降です。


調子が良いと、体が温まる前に、ペースを上げてしまうために、いつも以上に負荷がかかっていることが多いです。


そうなると、コンディションを安定させることが難しく、気持ち良く走れる日と、そうでない日の差が大きくなり、走ることが気持ちの良いことではなくなってしまいます。


そうならないために、最初の15分くらいをウォームアップと位置づけて、あまりペースを上げずに走ることが大切です。


調子が良いと、どんどんペースを上げたくなってしまいますが、明日以降を気持ち良く走るために、序盤は少しだけ我慢しましょう。

まとめ

走り始めて最初の15分くらいは、その日の調子を確かめる時間です。 
はやる気持ちを抑えながら、しっかりと準備をして、少しずつペースを上げるようにしていきましょう。 


<おまけ>
明日は東京マラソンですね。 
エントリーされている皆さん、待ちに待った大会です。 
最後まで楽しんで走って下さいね!

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする