iPhoneを”WI-FI”だけor”3G・LTEだけ”で接続する 意図しないモバイル通信による、パケットの浪費を避けましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンからネットに接続する方法には、WI-FIとモバイル通信(3G・4G・LTEなど)の2つがあります。通常は、WI-FIが使えるところではWI-FI、なければモバイル通信を選ぶように、スマートフォンの方で判断して接続しています。いちいち手動で切り替える必要がなく便利な機能なのですが、勝手に切り替わることで、不都合が起こることも。「WI-FIだけ」もしくは「モバイル通信だけ」で接続することも可能ですので、手動で設定する方法を知っておくと便利です。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

「WI-FI→モバイル通信」でパケットの浪費 
「モバイル通信→Wi-Fi」でネットの接続不良が起こることも

屋内でiPhoneを使う時は、WI-FIでネットに接続することが多いのではないでしょうか。

IMG 4510


電波がビシビシ飛んでいる環境なら何の問題ないのですが、同じ屋内でも特定の部屋、親機のない階など、場所によってはWI-FIの電波を受信しづらいところも。


そんな、WI-FIの電波が微妙な場所で、iPhoneを使うと、


「WI-FIで接続していたのに、いつの間にかモバイル通信に切り替わっていた」


ということがたびたび起こります。


この、勝手にモバイル通信に切り替わってしまう設定は厄介で、それに気づかずに動画を再生していると、あっという間に1G(ギガバイト)を越えるようなデータ通信量を消費してしまうことがあります。

(私は夜寝るときに、iPhoneを枕元においてYouTubeの動画を再生しているのですが、朝起きたときにLTEで接続されていて、データ通信量がとんでもないことになっていたことも。)


大手キャリア(docomo,au,SoftBank)の場合、1月あたりのモバイル通信のデータ通信量が7G(ギガバイト)を越えてしまうと、一気に通信速度が落とされて、ネットが重くなってしまいますから、モバイル通信でのデータ通信量の浪費は、できるだけ避けたいのですが、iPhoneによる接続方法の切替が、足を引っ張ることもあります。


一方で、屋外でiPhoneを使う時は、LTEや3Gなどのモバイル通信でネットにつなぐことになります。


私の場合、電車での移動や、ランに出かけるときなどが該当しますが、駅やカフェなど、WI-FIの電波が飛んでいる場所の側を通ると、iPhoneがWI-FIの電波に反応して、WI-FI接続に切り替えようとします。


外にいますから、当然電波も弱く、すぐにLTEに戻ることになるのですが、この、


「WI-FIの電波に反応して、受信しようとする間」


にネットとの接続が途切れてしまうことがあるのです。


Tunein radioやRadiko.jpなどのラジオアプリでラジオを聞いているタイミングで、この状態になると、頻繁に音が途切れてしまい、非常に煩わしい。


外でネット接続している間は「モバイル通信→WI-FI」の切替がない方が使いやすいのです。


ということで、iPhoneのを使う環境によって、「WI-FI⇄モバイル通信」が自動で切替わらないように、設定できるようにしておきましょう。

iPhoneを”WI-FIだけ”で、ネット接続する

まずは、iPhoneをWI-FIだけでネットにつないで、モバイル通信に切り替わらなくする方法です。


iPhoneの「設定」アプリをタップして開きます。

IMG 4510  1


「設定」画面が開くので、「モバイルデータ通信」をタップ。

IMG 4513


「モバイルデータ通信」の設定画面開くので、一番上にある「モバイルデータ通信」のボタンを左へスライドさせてOFF(緑からグレーに変える)にします。

IMG 4514


このようになります。

IMG 4515


これで、ネット接続をWI-FIだけで行うようになります。 
(※WI-FIの電波を受信できない時は、ネットとの接続が切れることになるのでご注意下さい)

iPhoneを”LTE・3Gだけ”で接続する

今度は、モバイル通信(LTE・3G)だけで接続する方法です。


iPhoneの「設定」アプリをタップして開きます。

IMG 4510  1


「設定」画面が開くので、「WI-FI」をタップ。

IMG 4513  1


「WI-FI」の設定画面が開くので、一番上にある「WI-FI」のボタンを左にスライドさせてOFF(緑からグレーに変える)にします。

IMG 4516


すると、

IMG 4517


緑からグレーに変わり、受信できるWI-FIの表示もなくなりました。


この状態で画面の上部をを確認すると、

IMG 4517  1


WI-FIの電波を受信できる環境でも、モバイル通信(LTE・3G)でネットに接続されているのが分かります。


これで、ネット接続をモバイル通信だけで行うようになります。 
(※WI-FIの電波を受信できる環境でも、自動的にWI-FIに切り替わることはありません。WI-FIでつなげるには、再度WI-FIの設定をONにする必要があることに、ご注意下さい)

まとめ

iPhoneでネットを利用する時、接続方法をWI-FIもしくはモバイル通信に限定して、接続することもできます。 
利用環境に応じて使い分けることで、データ通信量の浪費や突然の通信不良などの不便を回避することができます。

おまけ

会社で利用しているカードの、マイルの管理について相談を受けました。 
会社の経費に伴って付与されるマイルは、もちろん、会社のものですから、保有しているマイルを継続して管理する方法と、マイルを利用する時の手続を中心に、お話しさせていただきました。 
この辺は、線引きが曖昧になっていることも多いので、統一した運用の方法を決めて、それを周知することが重要です。 
結構細かいのですが、出張が多い会社さんでは、マイルのたまり方もすごいので、早々に扱い方を決めておく必要があります。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする