明日からスタート「伊集院光とらじおと」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年4月8日、TBSラジオの朝の顔として30年間続いてきた
「大沢悠里のゆうゆうワイド」がその歴史に幕を閉じました。
明日からのTBSラジオ平日(月〜木)の8時30分からは、伊集院光さんの「伊集院光とらじおと」が始まります。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

悠里さんから伊集院さんへのバトンタッチ

番組終了2週間前の、2016年3月28日。
「大沢悠里のゆうゆうワイド」にはゲストが招かれていました。

登場したのは伊集院光さん。
「ゆうゆうワイド」の後番組「伊集院光とらじおと」を担当するパーソナリティです。

深夜番組のリスナーで、彼のことを知らない方はほとんどいないと思いますが、
朝の番組を中心に聴いているリスナーが相手となると話は別。

この日は、伊集院さんのことをあまり知らない「ゆうゆうワイド」リスナーに向けて、
4月以降にこの時間を担当することを報告する、言わばお披露目の意味を含んだ、
ゲスト出演でした。

「ゆうゆうワイド」にゲストを招いた時の悠里さんのスタンスは一貫していて、
自分はほとんど話さずに、ゲストの話をトコトン聞くのがいつものスタイル。

ですが、この日は少し違っていました。

ゲストの話を丁寧に聞くところはいつも通りでしたが、一方で、
「伊集院さんの質問に答える」という形をとりながら、悠里さん自身が
積極的に話していたんですよね。

・朝の番組の影響力の大きさ

・人との接し方

・年配のリスナーに対する配慮

・おもしろさと分かりやすさのバランスの取り方

・声のトーンと扱う話題との関係

・しゃべらないことの大切さ

など。

まるで、先輩が後輩に心構えを説くように、次から次へと言葉を重ねていきました。

また、それを受ける伊集院さんも、悠里さんに対する敬意を示すように、
悠里さんの1つ1つの言葉を丁寧に拾いつつ、ご自身の言葉で
平日朝の時間を引き継ぐことへの思いを真摯に語り、

番組を介してのバトンタッチが行われた印象深い1時間になりました。

悠里さんから、たくさんのアドバイスとエールを贈られた伊集院さんが担当する、
「伊集院光とらじおと」はいよいよ明日からスタートします。

「伊集院光とらじおと」の出演者とコーナー

「伊集院光とらじおと」は月曜から木曜の朝8時30分から11時までの放送で、
「大沢悠里のゆうゆうワイド」よりも放送時間が2時間短くなっています。
(11時から13時まではジェーン・スーさん担当の「ジェーン・スー生活は踊る」が放送されます)

番組はまだ始まっていませんが出演者もすでに発表されていて、
メインの伊集院さんと曜日ごとにアシスタントがつく形になっています。

メインパーソナリティは伊集院光さん。

各曜日のアシスタントは、

火曜日:安田美香さん

火曜:上田まりえさん

水曜:吉井歌奈子さん

木曜:有馬隼人さん

スクリーンショット 2016 04 09 20 29 56


(出典:TBSラジオ 公式HP)

です。

平日朝の帯番組ということで、決められた原稿を読む機会も多くあるため、
キャラクターの面白さだけでなく、アナウンサー経験のある方で固めているのが特徴です。

この中で面白いのが、木曜日の有馬隼人さん。

有馬さんは、金曜8時30分から「有馬隼人とらじおと山瀬まみと」で
メインパーソナリティを務めることになっていますので、木曜に関しては、
メインパーソナリティ2人が同時に登場することになります。
朝の番組を男性2人が担当するというのも珍しいですね。

さらに、木曜に関しては柴田理恵さんも登場することになっていますので、
3人体制での賑やかな放送になりそうです。

「伊集院光とらじおと」ではアシスタントの他にレポーターも出演することになっています。

こちらについては、若手の芸人さんを中心に人選されていることは分かっていますが、
全ての出演者が明らかになっているわけではありません。

ただ、伊集院さんが担当されている「深夜の馬鹿力」でたびたび言及されていた、
”ホームランなみち”さんの出演は確定。

ご報告させて下さい。

TBSラジオにて4月11日よりスタートします、【伊集院光とらじおと】のレポーターを務めさせて頂く事になりました!!!

(出典:ホームランなみち オフィシャルブログ)


ブログの内容を見ると、木曜を担当されるようですが、「深夜の馬鹿力」で絶賛されていた、
キャラクターの強さと、レポーターとしての能力の高さがどのように番組で生かされるかに
注目です。

また、出演者だけで無く、一部コーナーも発表されています。
Yahoo!知恵袋と連動した「Yahoo!知恵袋 俺の5つ星」です。


スクリーンショット 2016 04 09 20 57 09

(出典:TBSラジオ 公式HP)


TBSラジオのHPによると、

ラジオ番組とYahoo!知恵袋を使いながら、“⼈の記憶を、⼈の記憶で繋ぎ集め”その店とメニューを明らかにしていきます。

とのこと。

伊集院さんが得意な、記憶の曖昧さや思い込みをきっかけにして起きる
面白いできごとを拾っていくコーナーになりそうですね。

深夜番組と違って、朝の番組なら多くのスポンサーがついていますので、このようなタイアップによって生まれるコーナーにも期待です。

伊集院さんが「伊集院光とらじおと」で目指すもの

「伊集院光とらじおと」スタートに向けて、伊集院さんは毎日新聞のインタビューを受けています。
その中に印象的な言葉がありました。

インタビュアー:
深夜の番組とはリスナーの年齢層もかなり違いそうですね。

伊集院さん:
おそらく僕より年上のリスナーが増えると思います。
僕は今48歳。番組で世代の橋渡しをしたいと思っています。

 ー中略ー

昭和の懐かしいものを取り上げるテレビ番組に出ることもあるのですが、
若い方は昔の流行を「ダサい」と言い、年配の方は「そんなことも知らない
のか」って関係性によくなるんです。
それは絶対に違うと思うんですよね。そのギャップが面白いのに。

(出典:毎日新聞 4月9日)

今まで、伊集院さんが主に担当してきた深夜番組よりも、
高い年齢層のリスナーが中心になる朝の番組で、どのようなスタンスで放送していくかは悩みどころだったと思います。

その点について、伊集院さんは、年齢によってリスナーを輪切りにするのではなく、
ラジオを1つのきっかけにして、両方の世代をつなぐような番組にしたいと
考えていらっしゃるようですね。

最初に紹介した「大沢悠里のゆうゆうワイド」にゲスト出演された時も、
このことは話されていますので、番組の立ち上げに際してメンバーとしっかり話しあって決めたことのようです。

幅広い年齢層に向けての放送は極めて難しいと思いますが、
この難しい課題にどのように立ち向かうか、気になる所です。

番組は4月11日(月)8時30分からスタート。
翌週には聴取率調査があって、早くも正念場が訪れることになりますが、
ラジオリスナーとしては、面白い番組が誕生してくれることだけを期待しています。

まとめ

「伊集院光とらじおと」が明日からスタートします。
面白い番組になることに期待です。

おまけ

愛媛FCは、体調不良による大量の離脱者を出して、スタメンが4人入れ替わる緊急事態。
にもかかわらず、アウェイで水戸ホーリーホックに1-2の勝利!(これはデカい!!)
今までベンチ入りさえできていなかった、安田晃大選手の先発出場&
決勝点の起点になるパスにはシビれました。

あと、
先制点を見事なシュートで決めたセヌ選手、
決勝点のピンポイントクロスを上げた康介選手、
決勝点のヘディングシュートを決めたトヨ選手、
ビッグセーブで数々のピンチを救ったダマ選手
にも拍手!!

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする