Jリーグ開幕直前!我が家のサッカー観戦環境 ヨーロッパ、Jリーグともスカパーは欠かせなくなっています 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

来月から、Jリーグの新しいシーズンがスタートします。週末に、ヨーロッパとJリーグ、両方のサッカーを見る生活が始まりますが、現地で見る機会は数えるほど。基本的にはTVで観戦しています。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

TVのサッカー観戦にはスカパーが欠かせません

私は現在、UEFAチャンピオンズリーグ、プレミアリーグ(イングランド)、を中心にサッカーを見ています。

現在のサッカー視聴環境

最初は、FCバルセロナが好きでリーガエスパニョーラ(スペインリーグ)を見ていました。


流麗なバルサ(FCバルセロナの略称)のスタイルに夢中になっていたのですが、いつの間にかリーグ内の戦力差が大きくなりすぎて、バルサについては勝つのは当たり前、勝てない(引き分けを含む)時にニュースになるような状態でした。


リーグ戦38試合のうち、ライバルのレアルマドリードとの対戦以外は、ほぼ勝敗が決まっているようなリーグ戦では(あくまで個人の印象です)、あまりに味気ないと感じるようになって、興味はチャンピオンズリーグへ。


チャンピオンズリーグを放映していたのが、スカパーだったので、スカパーと契約したのですが、そこではプレミアリーグ(イングランド)も放送していたので、チャンピオンズリーグだけでなくプレミアリーグも見るようになりました。

「欧州&Jリーグセット」見られるもの

現在は、「欧州&Jリーグセット」というプランに申し込んでいて、
ヨーロッパの強豪が参加するUEFAチャンピオンズリーグ、ヨーロッパ各国のリーグ戦と、Jリーグを放送するチャンネルを見ることができます。


スカパーの「欧州&Jリーグセット」のページで放映されるリーグを確認すると、

スクリーンショット 2015 02 22 21 47 58
(出典:スカパーHP 柿谷曜一朗選手が所属しているバーゼルの試合も放送しています)


このようになっていて、どの国のリーグでも見えてしまうような気がしますが、そうではありません。


近年、サッカーの放映権料は高騰していて、1社で強豪国のリーグ戦、全ての放映権を買い取ることは難しくなっているのです。


そのため、日本での放映権はいくつかの局に分散していて、次のようになっています。

スクリーンショット 2015 02 22 21 21 17


スカパーと契約して「欧州&Jリーグセット」を申し込むと、赤字で示した、


チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ、プレミアリーグ(イングランド)、セリエA(イタリア)、エールディビジ(オランダ)、
などが見られますが、


日本人選手が多く所属しているブンデスリーガ(ドイツ)、昨年のチャンピオンズリーグの覇者であるレアルマドリード、メッシ選手やネイマール選手を擁するFCバルセロナなどが所属している、リーガエスパニョーラは、「欧州&Jリーグセット」では見ることができないのです。


厳密に言うと、ブンデスリーガについては、見ることはできるのですが、ドイツ最強クラブのバイエルンミュンヘンや、香川真司選手が所属するドルトムント、内田篤人選手が所属するシャルケ、などのゲームは、スカパーのフジテレビNEXTで放送することが多いので、


興味のあるゲームを見ようとすると、「欧州&Jリーグセット」とは別に、フジテレビNEXTにも申し込む必要があるのです(フジテレビNEXT 月額1,296円)。


いくらサッカーが好きでも、毎週いくつもの試合を見るような時間はありません。


多くても4試合くらいが限度ですから、チャンピオンズリーグとプレミアリーグの中から、興味のあるゲームに絞って見るようにしています。

スカパーオンデマンドは、ヨーロッパサッカーを見るのに 
  便利です

また、「欧州&Jリーグセット」に申し込むと、スカパーオンデマンド(スカパーの番組をネット配信するサービス)でも試合を見られるようになります。


「欧州&Jリーグセット」で放送された試合に限られますが、出張などで自宅のTVが無い環境でも、ネットとつなぐことができれば、時間を選ばずにゲームを見ることができるのです。


特に、ヨーロッパのゲームは、概ね日本の深夜に行われますから、リアルタイムで視聴するのは困難ですので、時間に縛られないネット配信は非常に重宝します。


このように、我が家のサッカー観戦にはスカパーが欠かせなくなっています。

スカパーには弱点もあります

ヨーロッパはもちろん、Jリーグの観戦にも不可欠なスカパーですが、欠点もあります。

お金がかかる

当たり前ですが、スカパーは有料放送なのでお金がかかります。


確かに放送するゲームの数は多いので、払った金額に見合ったサービスを受けているとも言えますが、先述の通り、実際に見られるのは、多くて週に4ゲーム程度。


1月では12,3ゲームくらいでしょうから、そのために何千円も払うのは大きな負担です。

ペイパービューによる番組購入ができない

上の内容とも関わるのですが、番組単位での購入ができないのも痛いです。


スカパーでサッカーを見ようとすると、どうしても、いくつかのチャンネルをセットにしたプランに申し込む必要があります。


その中には自分にとっては必要の無いものも含まれていますので、余計な番組のためにもお金を払うことになるのです。


一番良いのは、自分が見たいゲームを個別に購入できる「ペイパービュー」。それができないスカパーはちょっと不便です。

リーガエスパニョーラ、ブンデスリーガが見えない

これも先ほど触れましたが、「欧州&Jリーグセット」にはリーガエスパニョーラ(スペイン)、ブンデスリーガ(ドイツ)が含まれていないので、別途、WOWOW、フジテレビNEXTに申し込む必要があります。


チャンピオンズリーグを中心に考えると、「欧州セット」は必要ですし、週末はドイツでの日本人選手の活躍を見たい、ということになると、別の契約も必要になるのです。


こうなると、スマホとガラケーの2台持ちのようなムダを感じて「どうにかならないかな」と感じるようになります。

値上がりが予想される?

これは予想に過ぎませんが、今後、料金が値上がりする可能性があります。


というのも、イングランドのプレミアリーグの放映権料が毎年、2倍近く上がっていて、値上がり分を料金に転嫁しなければ放映権が獲得できなくなるかもしれないからです。


もちろん、契約者数が増えていけば、値上げは不要ですが、それでも放映権料の伸びほどには増えないと思われますから、ある程度の値上げはあるのではないかと考えています。

スカパーが無料で見えます

色々課題はありますが、現在はスカパー抜きにサッカーを見るのは難しい環境ですので、興味がある方は試しにご覧になってみるのが良いと思います。


連休や年末、年度末など無料放送をしていることも多いですし、現在は、スカパーオンデマンド(スカパーの番組をネット配信するサービス)の方で、スカバーの番組を無料で見ることができます。


3月1日までの期間限定ですが、無料会員登録で100番組以上が視聴可能で、その中にはチャンピオンズリーグやプレミアリーグも含まれているので、ご自身の生活の中で、どれくらい視聴時間を確保できるかなどを考えながら、1度ご覧になるのが良いと思います。

まとめ

サッカーを見るならスカパーが欠かせません。 
無料放送を試しにご覧になりながら、ご自身の生活の中でどれくらいの時間を使えるかを考えて、プランを選びましょう。


<おまけ>
今週はチャンピオンズリーグがある週なので、いつもより多く試合を見ることに。 
いつも以上にタスク管理に気を遣いながら仕事に励みます。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする