LINEを始めます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSから足を洗ってはや2年。その間に友人間の連絡手段が変わってLINEがメインで使われるようになりました。出遅れましたがようやくデビューします。皆さん、よろしくお願いします。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

リスクに敏感になりすぎて

LINEが爆発的に利用者数を伸ばし始めたのは2012年から。それまでも世界で5,000万人の登録者数がありましたが、ここから倍々で伸びて現在4億人を超えています。

LIne 400Mrevi

私はこの波に完全に乗り遅れたわけですが、この間に広く伝わっていたのがLINEの利便性とそのリスクでした。特に連絡帳のデータがそのままLINEに吸い上げられるというインパクトは大きく、自分だけならまだしも、友人、知人、家族にまで影響が及ぶことを考えると簡単に始める気にはなりませんでした。このリスクについては今も完全になくなったわけではないですが、初期設定によって回避できることを確認して一応納得しました。

LINEのIDを聞かれる機会が増える

研修やセミナーで新しい方と知り合う機会が多くあります。名刺を渡してどうこう、と言うのも気持ちが冷めるので連絡先をスマホで交換しようとするのですが、最近はほぼ100%の確率で「LINEのID教えて」と言われます。やってない、と言ったときの「めんどくせーなー」という表情をもう何回見てきたことか(ただの被害妄想です)。こっちも、イライラしてましたが、これだけ多くの方が使っている現状を見ると自分が始めた方が早いと思いました。これからは自分が「LINEのID教えて」と言う機会があると思いますが、やってない人にも優しく接しようと思います。

初期設定は慎重に これで始められる?

これだけこわごわと始めるのですから、初期設定はとことんリスクを回避する方向で進めます。特に友達設定は友達を守るための設定だと考えて「友達の自動追加」「友達への追加を許可」「IDの検索を許可」とことごとくOFFにします。

友達の自動追加

後でIDの検索許可はONにしないと友達にみつけてもらえないと知って悩みましたが、友達に探してもらうときだけ一時的にONにすれば良いみたいですね。なので、通常はOFFにしておきます。これまでさんざん聞かれてきたLINEのIDですが、はっきり言って何者かがよく分かりませんでした。1時間くらいかけて
1.メールアドレスのようなもの
2.自分でつくる
3.後で変更できない
ということを理解しました。まだふわふわした感じですが、これがないとLINEで連絡がとれない(他にも方法があるみたいですがこれが一番リスクが低そうなのでIDを選択)みたいなので、色々考えて決定しました。

IDの検索

あとは、IDを伝えて検索で見つけてもらい登録してもらえればOKです。
これで準備完了、のはず??
友達募集中です。

友達募集中

まとめ

始まっていないので何ともいえませんが、楽しめるといいなと思ってます。
合わないと思ったら、すぐやめちゃいますけどね。
<おまけ>
香川県で開催されるMonster bash2014のチケットが受け付け開始15分で完売しました。その直後からヤフオクで転売されているわけですが、地元の中高生たちが正規の値段で購入できずに参戦をあきらめるというのはあまりに可哀想です。
友達と行くフェスなんて最高の思い出になるのになぁ。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする