おひとりさまとJリーグ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

行ってきました、フクダ電子アリーナ!
2014年J2リーグ第16節ジェフユナイテッド市原・千葉vs愛媛FC戦に単独参戦です。
IMG 0042

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

周りのことは気になりません

一人でのスポーツ観戦は周りの目や寂しさから抵抗のある方も多いと思います。ですが、社会人ともなると友達はもちろんのこと家族の都合をつけることすら難しいですし、一緒に行く人がいらっしゃっても興味を持ってくれているか退屈していないかなど、自分から誘ってしまったために余計なことを考えて存分に楽しめないことも多いです。
一人で行っても誰かといっても難点はありますから、私の場合は「見たい」「行きたい」という気持ちの盛り上がりを優先することにしています。行くまでは不安もありますが、行ってしまえば結局、自分が見たいもの(今回はサッカーの試合)と自分との1対1の関係になりますので、一緒に行った人も含めてあまり周りは関係なくなります。それよりも、行かないことで新しい経験をし損ねたという後悔をしたくないのです。その時生まれた好奇心は戻ってこないかもしれませんしね。

試合だけではつまらない

サッカーの試合を見に行ったのですが楽しみはそれだけではありません。
1つは、スタジアムグルメ!
IMG 0057

Jリーグのスタジアムは食が充実しています。そのクラブがある地域で自慢のお店が出店していて”地のもの”がいただけますし、メニューも豊富で細かく入れ替えもありますので何度足を運んでも飽きることがありません。その上、屋台のレベルを超えた美味しさで立派に外食として成立しています。特に今回伺ったフクダ電子アリーナはJリーグのスタジアムグルメ界では屈指の存在で、調子に乗った私は喜作さんのソーセージ盛り、テキサスさんのチキンケバブ、サマラナさん(場内)の日替わりカレー、喜作さん(場内)の生ビール、をいただきました。さすがに完食はできないので半分以上もって帰りましたが。

もう1つはコレ!
IMG 0046

IMG 0052
マスコットも大人気。子供だけではなく大人も無邪気に戯れます。試合開始の3時間以上前から彼らはスタジアムに出没してファンとの交流を楽しんでいました。働き者&芸達者な彼らの周りにはいつも人がいっぱいです。ただし、人気商売でもあるようで人の群れ方には明らかな差があります。オレンジの丸顔の人は顔が怖すぎて子供が泣いてました。

お祭り

試合も見ましたが内容は専門に書かれている方が多数いらっしゃいますのでそちらにお譲りします。今回、伺って分かったのはひとりであれ、誰かと一緒であれスタジアムに行けば楽しいということです。たくさんの人が動きますので入退場と駅での混雑はありますが、運営もしっかりしていて不便はありません。そして、お客さんを楽しませるためにサッカーの試合以外の売りを複数持っていて、そのどれかが、そこにいる人たちの気持ちを高ぶらせてくれるのです。スタジアムはサッカーの試合をする所というより、週末に行われるお祭りの場所と言うのがふさわしいのではないでしょうか。お祭りの中でなら人とつながることも簡単ですし、帰りはひとりじゃないかもしれませんよ。

まとめ

満喫しました!

<おまけ>
はじめてコアなファンの方の近くで観戦しましたが、皆さんに優しくしていただきました。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする